Ryu’s Blog

ブログ

コンセプトウエディングとは?…その1

コンセプトウエディング… 2012.12.17

ご無沙汰しております。

めっきり寒くなってまいりましたが、
いかがお過ごしでしょうか?
僕はと言いますと、
来年度に向けて新しい構想が着々と進展しております♪
来年はいろいろ実りそうで、楽しみでなりません♪
さて、それはさておき、
本日は、「コンセプトウエディングとは何か?」に関して、
概要を簡単に解説していきたいと思います!
よく、「お2人のコンセプト・テーマを設定することが大事!」
僕は言っていますが、それはどういうことなのかを、
わかりやすく述べていきたいと思います。
物事を形作っていくときには、
‘イメージと論理’が何より大切となってきます。
片方だけではダメで、両方あってはじめて、
‘想いがカタチになる’と僕は思っております。
では、結婚式でいう
‘イメージ’とは、そして‘論理’とは?
ということですが、
イメージとは、
「どういったカラーにするか、どんな衣裳を着るか、どんな装飾をするか、
 どんな料理にするか、どんな会場、どんな引出物にするか?」
などといったことです。
これらは、
単に思い付きや感覚だけで決めていくだけでは、
そこには一貫性は生まれません。
そこで、それらのイメージを有機的に結びつける
‘論理’が必要になってくるのです。
料理でいうところの、
‘具材=イメージ’、

‘調理法=論理’、
と考えればわかりやすいかもですね♪
具材だけたくさんあっても、おいしい料理は出来ないですよね?
それぞれの具材を用いて一つの絶品料理をつくるためには、
何より調理法が重要となってきます。
両方あってはじめて、誰もが舌鼓を打つ、
おいしい料理が出来上がるわけです。
こんな説明で、‘’イメージと‘論理’はご納得いただけたでしょうか?
さて、その‘イメージ’と‘論理’ですが…
これらを、ヒアリングの中から明確に導きだし、
‘結婚式’という一つの人生セレモニーの中に落とし込んでいくということが、
僕の考える「コンセプトウエディング」なのです。
では、その具体的方法とは?…
これに関しては、次の回に述べていきたいと思います!!
今日は、「コンセプトウエディング」の根幹を成す、
‘イメージ’と‘論理’に関して、ご説明させていただきました。
またよろしくお願いします!!
感謝感謝!!…
LINEで送る
Pocket

お問合せ・ご相談はお気軽にどうぞ

は必須項目です。


表示された5文字の英数字を入力してください。