Ryu’s Blog

ブログ

フリーウェディングプランナーに依頼する場合の費用…

伝えたいこと 2015.7.21

フリーウェディングプランナーに依頼を検討されるお客様が増えています♪

と同時に、フリープランナーの数も増えてきています。

プランナーにより、得意なスタイルやエリアも全く異なってきますので、
複数のフリープランナーの中から
自分に一番合うプランナーを選ばれるお客様も増えていますね♪

最終的な決め手…

色々とあると思いますが、
そのうちの一つが、コストパフォーマンスだと思います。

このプランナーに頼んだら、
実際、私たちの希望するウエディングがどのように、そしていくらで可能なのか?

その点が気になるお客様は大変多いと思います。

そのあたりのお話を今日はしてみたいと思います。

—–

⭐️フリーウェディングプランナーの費用例

例)完全オーダーメイド型の挙式+披露パーティー

ⅰ 挙式;ガーデンウエディング
ⅱ 披露パーティー;レストラン
ⅲ ゲスト人数50名

ⅰ 挙式の内訳;小計240,000万(税別)

・生演奏;50,000円
・音響設備;50,000円
・司会;30,000円
・オリジナル装飾/演出料;100,000円
・場所代;10,000円

ⅱ 披露パーティー;小計1,090,250円(税別)

・コース料理;10,000円×50名=500,000円
・ドリンク;2,000円×50名=100,000円
・司会者;50,000円
・メイン卓装花;50,000円
・ゲスト卓装花;10,000円×8卓=80,000円
・会場装飾;100,000円
・オリジナル演出料;50,000円
・音響オペレーター料;15,000円
・引出物;3,500円×35名分=105,000円
・引菓子;1,000円×35名分=35,000円
・バッグ;150円×35名分=5,250円

ⅲ 各手配料;小計660,000円

・印刷物;50,000円
・カメラマン手配料(アルバム込);200,000円
・ウェディングドレス;50,000円
・新郎衣装;30,000円
・ヘアメイク;50,000円
・ブーケ;30,000円
・プロデュース料;250,000円

総計;1,990,250円(税別)

—–

ザッと、イメージでいうと上のような感じになるのが、
リアルなところですね♪

もちろん、装飾の範囲などにより料金は変動しますが、
お花などもかなりボリュームのある価格帯を盛り込んで
上のような感じなので、
決して高すぎるというイメージではないかと思います。

印刷物なども、手作りであれば、もっと値段は抑えられますし、
工夫の仕方によっては、もっと節約することも可能です。

お伝えしたい重要なことは、
【ご祝儀婚】といったサービスなどでも、
《ゲスト人数×3万円》を基本価格とうたっていますので、
上との比較だと、
50名×3万円=150万円(税別)が基本価格となります。

ですが、ここに含まれているのは、
ごくごくシンプルな最低限の内容なので、
オーダーメイド型ウエディングの金額と比較した際のコストパフォーマンスを考えると、
かなりオーダーメイドの方がコスパ感がよいのを感じていただけると思います。

実際、ウエディングとはどんなウエディングであっても、
ご要望が多く出てこられるのが通常です。

だからこそ、オーダーメイドで自由に叶えられるウエディングを、
はじめから選択肢の一つに入れられることをオススメしたいと思い、
費用について書かせていただきました♪

詳しくは、お問い合わせいただければと思います!

フリーランスウエディングプランナー 高橋龍一

LINEで送る
Pocket

お問合せ・ご相談はお気軽にどうぞ

は必須項目です。


表示された5文字の英数字を入力してください。