メイン写真10
Wedding Produce

アズールウエディングのプロデュースとは

アズールウエディングの得意な3つのスタイル

私はフリーランスウエディングプランナーとして、
新郎新婦様の真の想いをじっくりとヒアリングしたうえで、
十人十色のウエディングをプロデュースすることが一番得意です。

さまざまな結婚式のスタイルがあるなかで、
つぎの3つのスタイルのプロデュースを最も得意としています。

  • 完全オーダーメイド型のトータルプロデュース
  • 美食と歓談メインのあたたかい家族婚
  • 撮影地とカメラマンにこだわるロケフォトウエデング

上の3つのスタイルを軸に、これまでの「会場選びから入る結婚式のスタイル」に疑問を感じられる新郎新婦様に対し、
「本当にしたい結婚式」を実現できるお手伝いをさせていただいています。

「本当にしたい結婚式」を実現するために、「コンセプト」を創り出します

「本当にしたい結婚式」を実現するために、
まずは、しっかりとヒアリングをし、
ご要望の核となる部分を一緒に見出していきます。
これを、「コンセプト」と定義しています。

コンセプトウエディングとは

お2人様の想いをヒアリングの中でしっかりと探しだし、
お2人様自身で気付くアドバイスをさせていただき、
その中で発見した「真の想い=コンセプト」をもとに、
「本当にしたい結婚式のイメージ」を一緒に創り出していきます。

コンセプトが決まると、
「どこでしよう?」「どの会場でしよう?」ということも、
つぎつぎとアイデアが生まれてくるようになります。

このように、コンセプトからすべてを生み出していく結婚式のことを、
「コンセプトウエディング」といいます。

この「コンセプトウエディング」をいうコトバ・考え方は、
2011年の夏ごろに生み出したのですが、
今や多くの自由スタイルウエディングで幅広く浸透しています。

コンセプトウエディングの事例紹介

Case 1

コンセプト 桜リゾート&ラスティック
お二人の想い 日本とオーストラリアの国際結婚のお二人。
日本の招待客には、オーストラリアに来たかのようなリゾート感を、オーストラリアからの招待客には、日本の桜満開の雰囲気を存分に味わってもらいたいとの想いがありました。
また、海外さながらのガーデンセレモニーや、時間に縛られない自由で楽しいレストランウェディングのスタイルを切望しておりました。
根底には両親へのリスペクトの念が強く、ここをなんとかカタチにしたいとも考えていました。
ストーリー ・生まれ育った実家で花嫁支度をすることを提案
・亡き父の遺影に報告してからの最良のスタート
・Rob&Emiの頭文字からREspectがテーマ
・セレモニーでは、ゲストと一体になれるフラワーミックスを提案
・パーティーでは、二人のダンス入場を採り入れた
・みんなが心一つになれるユニティキャンドルを提案
・プランニング・デザイン・そして司会までをトータルでプロデュース
桜リゾート&ラスティック

Case 2

コンセプト ローズガーデンウエディング
お二人の想い お二人の想い出の場所・靭公園…
この大切な場所を、『二人の想い出の場所から、新しい家族の誕生の場所にしたい!』
そんな想いから、結婚式のプランニングが始まりました。ゲスト想いの愛に溢れた本当に優しいお二人で、会場装飾からお料理・プレゼンtなどなど、親御様から甥っ子くん、姪っ子ちゃんまで、ゲスト全員が笑顔になる参加型の結婚式を希望しておられました。
ストーリー お二人の想い出の場所であり、また戸籍上の本籍地でもある靱公園を、新しい家族の誕生の地とするために、靱公園でのガーデンセレモニーを実現しました。
御年90歳を超える新郎お父様をはじめ、ゲスト全員の気持ちを一つにするために、「感謝・尊敬・信頼・誠実…」など、結婚生活に必要なそれぞれの意味をもたせた12本のバラを新郎が皆から受け取り、そのバラを新婦様にプレゼントし愛を誓うダーズンローズセレモニーを行いました。
会場装飾としては、レストラン入り口に白樺アーチを施し、メインテーブルバックには、インサイドガーデンを思わせるグリーン装飾をデザインしました。
また、天井シャンデリアには可愛らしいペーパーポンポンをふんだんに用い、天からの光がやさしく降り注ぐイメージを演出しました。
椅子には、リボンが特徴的なチェアショールを取り入れたりと、全体的な装飾にも一体感をもたせ、レストラン内でもガーデンのような雰囲気を創ることを実現しました。
プランニング・デザイン・司会までをトータルでプロデュースし、家族の心が一つになる温かい家族婚へと昇華することができました。
ローズガーデンウエディング

Case 3

コンセプト ナチュラル&アズール
お二人の想い 青空のもと、自然体の自分たちらしさが溢れたフォトウェディングを行いたいとの希望がありました。
青い海と青い空が大好きなお二人で、ナチュラル感を感じられる場所での撮影を希望しました。
ストーリー 自然体の二人を映し出すために、最高にセンスフルなカメラマンを選出し、ありのままの姿を映し出すフレームワークを創り出しました。
その上で、かすみ草のブーケやヘッド装花、ガーデンをイメージしたウェディングドレスなどでナチュラル感を演出し、青い海と青い空を存分に感じられる洋館をロケ地として選定し、『ナチュラル&アズール』のコンセプト通りの撮影を行うことに成功しました。
ナチュラル&アズール