Ryu’s Blog

ブログ

オリジナルウエディング

オリジナルウエディング 2020.3.5

そもそも結婚式って、
「誰かの当たり前」が定番化して
いつの間にか風習になってしまった。

それをしないといけない、
みたいな決まりになってしまった

みたいな、
そんなことがとても多いように感じます。

これだけ物事や価値観も多様化している現在、
僕はもう本音を隠さないで発信していこうと思います。

極論を、言います。

別に結婚式なんかしなくてもいい、と。

既存のカタチにとらわれる必要はないし、
そこに魅力を感じないのであれば
そんなものは無理してお金をかけてまでする必要がないと
心から思います。

極論、招待状なんか別になくてもいいし、
衣装はウェディングドレスやタキシードである必要もないし、
料理はコース料理である必要もないし、
余興や出し物なんて無理してする必要もないと思います。

その二人やゲストが、
本当にしたいと思うからするのが
本当のウェディングのカタチだと思うし、
したくないと思うのなら、
無理して「誰かの当たり前」を
「自分たちもしなければならない理由」にする必要はないと思います。

こだわりやとらわれから解放されたとき、
人は本当の自由を手に入れるのだと思います。

今まではあえて、
あまりこうしたことを発信はしてきませんでした。

やはり、色々と何か、遠慮があったのだと思います。

ですが、もはや明日、
何があるかわからないこんな時代です。

感染症の拡大やいろんな社会問題によって、
ずっと準備してきたことだって、
本当に実行できるかわからないぐらいに
先行き不安な時代になってきました。

こんな時代だからこそ、
僕も自分やお客様の本音に正直に、
「ウェディング業界の当たり前」や「伝統・文化」などを理由に、
ブレーキをかけることなく、
提案したいことやお客様が実現したいことに対し、
今まで以上により自由にフレキシブルに対応できるようにしていきたいです。

さぁここからようやく、
過激派ウェディング、リスタートします…笑

LINEで送る
Pocket

お問合せ・ご相談はお気軽にどうぞ

は必須項目です。


表示された5文字の英数字を入力してください。