Ryu’s Blog

ブログ

本年も本当にありがとうございました。

いろいろ 2018.12.31

本年も本当にありがとうございました。

今年は仕事面においても、
プライベート面においても、
本当に色々と成長と変化の著しい一年でした。

個人的には、
日を追うごとに変化する娘の成長がたまらなく愛おしく、
仕事を頑張る原動力となってくれたと感じています。

また、仕事面では、
派遣業・紹介業の許可を取得することができ、
来るべき来年の働き方改革に向けて、
ウェディング業界の先を見据えた先行投資を行うことができました。

おかげさまで、
フリーウェディングプランナーの人材マッチングサービスの反響は上々で、
深刻な人材不足を迎える来年のウェディング業界に向けて、
十分な準備ができたと自負しています。

目下、足元の製造請負業に関しても、
無事故無災害、安定経営を達成することができ、
新たな事業領域へとチャレンジする起爆剤・ガソリンとなって、
来年を迎えることができる見込みです。

この分野においては、
来年早々に新たな請負のお話もいただいており、
着実に積み重ねてきた信頼が実績となり、
アウトソーシング化の流れに、
今まで以上にうまく乗ることができそうでワクワクしております。

また、来年度は、
ウェディング分野としても、

・プロデュース業
・人材マッチングサービス

に加えて、
さらに新しい事業の柱を構築する見込みで準備中であります。

これに関しては、また随時公開していきたいと思いますが、
時流を見据えたビジネスとして、
弊社の成長における将来のエースとして構築できるように頑張っていきたいと思います。

来年以降の世相を占う目測としては、
『プロフェッショナルへのアウトソーシング化の進展』、
これがより一般化していくことは間違いないと見ています。

従来であれば、

一企業の社員>下請け

こうした構図があったかと思いますが、
これが逆転していくこととなると思います。

何故ならば、働き方改革は、
ともすれば「雇用の切り捨て」といった側面のみで語られがちですが、
逆を返せばこれは、
『業務委託化(アウトソーシング化)の進展』に他ならないからです。

つまりは今までは、
雇用という働き方が当たり前で、
『コストカットできる部分のみ外注化する』といった認識が主流であり、

発注会社>外注先

といったピラミッド関係の構図が成立していましたが、
深刻な人手不足を迎える今後は、
外注先こそが発注会社を選べる状況が出てくるといっても過言ではありません。

そこでは、従来型のピラミッド構造を抱える企業は、
『ブラック企業』として忌み嫌われ、
より高度なプロフェッショナルとしてのスキルを持った人材が、
『雇用に縛られない働き方をするアウトソーサー』として台頭してくることとなります。

つまりは、従来型の下請け構造といったものが、
激変する可能性が出てくるということです。

弊社の新サービス、『プラスワン・プランナー』は、
この点をしっかりと抑えた仕掛けをたくさんつくっています。

実際、製造請負業においても、
アウトソーシング化の波はますます進展しており、
企業はもはや、外注先の助けなくしては事業運営できないといった構図になりつつあります。

ブライダル業界においても、
この構造は間違いなく進展していきます。

また一方、より進展する少子高齢化および婚姻数の減少から、
フリーランスウエディングプランナー自身も、
今までと同じような働きかたやプロデュース料の体系では
生き残っていけない時代となっていくことは間違いありません。

個人の新郎新婦からのダイレクト集客の他に、
会場からの業務委託という『プラスワンのチャンネル』を持たないことには、
生計を立てていくことが困難となっていくことは間違いないと思います。

こうした将来予測は、
僕自身の現場での経営の勘と、
経産省や厚労省の様々なデータベースから
読み解くことのできる情報分析に基づいています。

より激変する市場において、
先手先手を打って、しっかりと足元を固めていきたいと思います。

本年も本当にありがとうございました。

また、来年も何卒よろしくお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

お問合せ・ご相談はお気軽にどうぞ

は必須項目です。


表示された5文字の英数字を入力してください。

Categories